記事を読む

体温はダイエットや免疫にも大きく関係!からだを温める方法は?

投稿日:
2013.03.18
| カテゴリー:
ニュース&トピックス
| 投稿者:
Wellbena編集部
花粉症も気になる季節、もしかしたら体温も影響してるかも?

花粉症も気になる季節、もしかしたら体温も影響してるかも?

春先は、寒暖の差も激しく、体温調節が難しい季節ですよね。着るものも困ってしまいます。衣替えのタイミングって難しい! 冷えが気になる人は注目です。今回は、そんな春先に「体温」に関する話題をピックアップ!冬は足元が冷えやすかったり、夏場はクーラーで冷えやすかったり。年中、「冷え」はあまり感じたくないものです。

というのも、人間の平熱は36.5度以上なんですって。体温が下がると、消費するエネルギーの代謝も落ちてしまいます。そうすると痩せにくくもなるらしい。しかも、下記に引用させていただきましたが、免疫力にも大きく影響します。

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウン。同じく免疫に関わる腸の働きも低下します。また、ガン細胞は35度で最も増殖する性質があるとされています。そういったことから、低体温は、生活習慣病やアレルギー、うつ、ガンなど、さまざまな病気を引き起こすのだそうです。 「体温を1度上げると、免疫力は一時的に5~6倍アップ。心臓や脾臓など産熱量の多い臓器には、ガンはできないんです。身体を温め、平熱を上げることが健康維持につながります」
引用元: はかるべきは、体重より体温!? 温めれば身体は変わる! | 太陽笑顔fufufu..net.

だからダイエットだからといって、極端に食べる量を減らしたり、エネルギーの元となる炭水化物を全く摂らないというのはリスクが大きいことが分かりますね。運動不足や過度なストレスを浴び続けるのも、身体を冷やす原因らしい。

身体を温める食品を意識して摂る事や、適度な運動を毎日すること(ウォーキングやストレッチなどは最低限)、湯船にゆっくりつかるなど身体を温める対策をすると良いですよね。あと、ストレスをためない工夫も大事。ストレスの影響を下げるには睡眠も大切ですよね。

身体を温める食品例

身体を温める食品で有名なものは生姜(ショウガ)などが有名ですが、寒い土地で育った作物(りんごや、さくらんぼなど)は身体を温める作用があるんんだそうです。他にも固いもの(チーズやごぼう)は水分油分が少ないことから、有効。暖色系の赤やオレンジ色の食物(サーモンや卵や赤身など)も良いらしいです。また、黒っぽいもの(黒ゴマや黒砂糖)も良いとか。

  • 寒い地域の特産物
  • 固いもの
  • 暖色系のもの
  • 黒っぽいもの

を意識してメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

※詳細は「はかるべきは、体重より体温!? 温めれば身体は変わる! | 太陽笑顔fufufu..net.」もチェックしてみてください。
私は職場で冷えが気になったら、ジンジャーティーとかをほっこりいただきます。すると、足元の冷えが驚くほど収まります。お試しくださいね!
それにしても、食事、運動、睡眠という生活習慣はこういった場面でも重要になってくることがよく分かりますね。

Witten by

Wellbena編集部

Wellbena編集部

ウェルビネ編集部です。ココロもカラダもポジティブ&アクティブに、イキイキと仕事・生活を送る人々が世の中に増えるような情報発信を心がけていきます。

関連記事

関連講座