記事を読む

たった20日間で、前屈22cmも体を柔らかくできた2つの秘訣

投稿日:
2014.12.03
| カテゴリー:
しなやか部
| 投稿者:
舞田美和

ebe9c014bbf90ee01be78ba00a6cc5ff_m

昔から体がめちゃ硬くて、前屈=座って脚を伸ばした状態がMAX(つまり、1cmも前に屈してない状態)…っていう、「どう見ても本気でやってないやろーっ」って突っ込まれるほどに硬い体を笑いのタネにしてきた私。

もちろん本音は「柔らかくしなやかな体になりたい!」から、柔軟体操に何度も何度もチャレンジしてきましたさ。でも、とにかく痛いし、一向に柔らかくなるイメージも持てず、全然続かないんですよね。。。
なのに!最近、毎日柔軟体操しています。しかも、これがめっちゃ楽しいのです(笑)しかも、しかも!始めて20日間で、なんと、前屈プラス15cm→マイナス7cmに!!!ふと気付けば、期待をはるかに上回り22cmも柔らかくなっちゃったのです。このままいけば、気持ちよく前屈して、ぺたーっと胸が脚に付く日も遠くないかも…とワクワクな予感がしています(*’▽’)

こんなに柔軟体操を継続できている秘訣(今までの挫折ケースとの違い)は、下記の1と2が揃ったから。なんと、たったそれだけ!

1.できるような気がした ことと、
2.できるようになるぞ、と意思決定したこと

まず「1.できるような気がした」のは、たまたま目にした、ある健康雑誌で、体の硬い人は、やみくもに無理に柔軟体操しなくとも、足や腕をぶんぶん振るというような、体の遠心力を利用するだけでも適度にストレッチが効く、という記事を見たことがきっかけでした。これなら私でもできそう!と思ってやってみたところ、なんだか硬くなったあちこちが伸びたような気がして気持ちいい♪体もほぐれて気分が良くなったところで、やる気がupしてそのまま柔軟体操をする、という習慣ができた、というわけです。

そして「2.できるようになるぞ、と意思決定した」きっかけは、社内でチャレンジしている健康活動のプロジェクトでした。100日間という期間を区切って、みんなで競い合いながら各自の掲げた健康目標に向かって、毎日やると決めたことをやって報告し合う、励まし合う、というもの。せっかくの100日間、やるなら頑張ろう!そう意思決定したわけです。

それにしても、きっかけって大事だなーってことを、しみじみ実感。
これは何も柔軟体操に限ったことじゃなくて、何か新しいこととか、勉強したことなどを、自分の身に付けたり、できるようになったりするためには、この2つが必要なんじゃないでしょうか。きっかけをどう活かすのか?実践できるか?は、どれだけ具体的に自分事として「目標設定」(スモールステップで十分!)して、「実践するぞ」と意思決定するかなんですね。

皆さんも、何か「できたらいいな」と思っていることがあったら、上記の2つの秘訣をぜひ試してみてくださいね。

Witten by

舞田美和

舞田美和

アラフォーに突入し、体のあちこちにエイジングサインを発見してしまう今日この頃。イキイキ素敵に歳を重ねて、チャーミングなおばあちゃんになるのが密かな夢です。美味しいものに目がない”食いしん坊キャラ”と”すっきりしなやかな身体”は果たして共存できるのか?実験中です!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・