記事を読む

【食Trainer’sブログ】食トレ(4)内臓疲労しないカラダをつくる! by小島美和子

投稿日:
2012.11.02
| カテゴリー:
ランニング部専門家
| 投稿者:
小島 美和子

Running Shoes © by timtak

  引き続き、ランナー的「食トレ」です!

「食トレ」とは、不調後の事後対応ではなく、不調にならないように、コンディションを維持できるように食事を整えること。

今回は、「内臓疲労しないカラダをつくる!」です。
大会後や長時間のトレーニング、強度の強いトレーニングの後などに胃の不快感が続く人がいます。 走ることで、内臓も確実に疲労するということです。
トップランナーの話を聞くと、長距離が強い人は「内臓が強い」と実感します。内臓が強い人は、しっかり食べることができ、消化、吸収し、食事から摂った 栄養素をからだの栄養分として効率よく利用することができるからでしょう。
胃の不快感を感じるという人は、普段から胃に負担をかけない食生活を意識するようにしましょう。

大会後や長時間、又は強度の強いトレーニングの後

⇒胃に負担のかかる食べ物や料理は避ける

  • 食物繊維の多い根菜や海藻、きのこなど
  • 油脂の多い肉料理や揚げ物など
  • 辛い食品や料理

普段の食事の食べ方にも注意しましょう!

  • 冷たい飲み物や食品は控える!基本的に体温より低い温度のものは摂らないように、水も常温以上で飲むのがおすすめ!
  • しっかり噛んで食べる
  • 早食いにならないように、ゆっくり食べる

ちょっと意識するだけで、胃への負担は軽くなります!

Witten by

小島 美和子

小島 美和子

管理栄養士・産業栄養指導者・健康運動指導士・ヘルスケアトレーナー/健康・食生活に特化した企画・開発事業、食教育サービス事業を展開する(有)クオリティライフサービス代表取締役。
保健指導専門職へのアドバイスや各種講師、テレビ・ラジオへの出演、各種種雑誌等での監修、執筆など多数。 走る人の食生活情報を発信する「RUN!×食NET.」主宰。「きちんと動く」「しっかり食べる」のランニング×コンディショニングと、自らマラソン 大会への参加等を通じ、モットーである「健康を表現する管理栄養士」を体現中!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・