記事を読む

結局ランニングもウォーキングも身体に良い!

投稿日:
2013.05.22
| カテゴリー:
ランニング部
| 投稿者:
橋本 豊輝

shoes

「人々はいつも運動をしないでテレビの前に座っているための言いわけを求めています。しかし、この長期間の調査が示しているのはたったひとつです。ランニングもウォーキングも、どちらも健康を増進し、心臓疾患に関連するリスクを減らすということです」。 引用元: ランニングとウォーキングはどちらが体にいいか? « WIRED.jp.

先日、「ランニング」と「ウォーキング」はどちらが身体にいいかという話題がメディアに掲載されていました。 早く痩せるにはランニングが最適だが、ウォーキングのほうが生活習慣病対策になりやすいなど、様々な研究調査結果から言われています。

私の場合の話ですが、ランニングやウォーキングの時間を確保することがやっぱり大事。であれば、短時間(比較的)でトレーニング効果を得たり、カロリー消費をできるランニングを選びます。

でもウォーキングもやっぱり健康に良いですし、意識したい。工夫はいくらでもできます。であれば通勤や営業の時にかなりの距離を自然と歩きますよね。エスカレーターやエレベーターを使わないとか、歩ける距離は電車を使わない、などをすれば合計すると結構な距離を歩くことになります。あとは歩きやすい恰好をする。さすがにビジネスタイムにトレーニングシューズを履くわけにもいかないですが、両手をふって姿勢よく歩くために鞄をビジネスリュックにしたりしています。

ランニングはやはり時間の確保が大事です。日々のルーチンになってしまえばこっちのものなのですが、その日の様々な状況によって左右されるのも事実。私の場合、息子をお風呂に入れたり、寝かしつけたりすると、正直ナイトランは難しい。なので、早朝ランニングです。ただ疲れがたまったり、リズムが狂うと朝が辛かったりします。これをどうにかするのが目下の課題。でも早く寝て睡眠時間をちゃんと確保することが一番効果的だと分かってきました。

いずれにしても本当に健康的にいたいならば、習慣をつくっていかないといけないので、そのための工夫を取り入れることをすると思います。だんだんリズムはできてくるものです! 個人的にやっぱり大切なのは「継続」できることだと思うので、ランニングがしんどいならウォーキングで良いですし、改めて時間をつくることが難しいのであれば、日常の中でできる工夫をするだけで良いと思います。 引き続き、がんばります。今年もシティマラソンの抽選に当選しますように!(願)

最後に

ウェルビネでは、例えば“ランニング部”、“料理部”のように、美と健康をテーマとした、健康づくりのきっかけになるような記事を投稿してくれる方を募集しています。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

photo by: JMR_Photography

Witten by

橋本 豊輝

橋本 豊輝

ウェルビネを運営するBe&Doスタッフ。ランニングを継続しており、市民ランナーとして大会にもエントリーをしている。健康をテーマにした組織活性化プロジェクトなども手掛ける。健康はマネジメント課題だ!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・