記事を読む

食べても太らない秘訣

投稿日:
2015.09.28
| カテゴリー:
すっきり部
| 投稿者:
舞田美和

dd898e1897a9334c4163c981a98b08fa_s

あぁ~っ、すごい大胆なタイトル付けちゃいました・・・。

でも素直に言いましょう。私、自他ともに認める食いしん坊ですが、その割にはあんまり太らないんです。”あんまり”であって、”まったく”ではないですよ、もちろん(;^ω^)。でも、食べている量と比較すると、太りにくい体質であることは確か。

なぜか?って…おそらく、普段の生活で無駄にエネルギーを消費してる=「基礎代謝が高い」んだと思われます。基礎代謝とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと、だそうです。つまり、基礎代謝が高いということは、何もしなくても消費されるカロリーが高いということ。

確かに、日常的に何か運動をしているわけでもなく、3食しっかり食べて(量もガッツリ)、オヤツも遠慮なくバンバン食べてる(仕事中に10時のオヤツ&15時のオヤツをほぼ毎日!&夕食後には果物。年に数回はチョコレート中毒を発症して大量に食べちゃったりします。)にもかかわらず、そんなに体重が変動しないのは、体が勝手に消費してくれているとしか思えません。

では、なぜ基礎代謝が高いの?というわけで、基礎代謝量が高い人の特徴を調べてみました。

①筋肉量が多い ②体温が高い ③姿勢がいい だそうです。

そうですね、確かにだいたい当てはまってる気がします。③に関しては、胸を張れるほどの自信はないですが、①(すぐに筋肉痛になるので性能が高いかどうかは別にして)ふくらはぎがシシャモ?なくらい筋肉質ですし、②平熱は37度くらいあります。

体質とも言えますが、私が普段から心がけていることは、①エスカレーターではなく階段を使う、気が向いたら散歩する、程度には日常的にカラダを動かす、②できるだけ湯船につかる、ストレスを溜めない(何事もナントカナルサ、キットダイジョウブ主義)、よく寝る。

 

 こういう習慣と楽観主義が、知らず知らず、基礎代謝の高い体質を作っているのかもしれません。

「この一口がブタの元・・・」と思って食べるから太るのだ、と聞いたこともありますが(笑)、同じ食べるなら「美味しいなぁ!幸せ~!」って思ってストレスなく食べる方が、イキイキと代謝をUPさせるのかもしれませんね。

食欲の秋!せっかくですから美味しく食べて、代謝を上げちゃいましょう!

Witten by

舞田美和

舞田美和

アラフォーに突入し、体のあちこちにエイジングサインを発見してしまう今日この頃。イキイキ素敵に歳を重ねて、チャーミングなおばあちゃんになるのが密かな夢です。美味しいものに目がない”食いしん坊キャラ”と”すっきりしなやかな身体”は果たして共存できるのか?実験中です!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・