記事を読む

春眠 暁を覚えず・・・を言い訳に。

投稿日:
2015.03.20
| カテゴリー:
すっきり部
| 投稿者:
舞田美和

aae380ff2a138431e860c699588ef08b_m

草木が芽吹く土の匂い、生暖かい風、明るい陽射し・・・春の気配が日増しに強くなってきましたね。朝の冷え込みも随分和らぎ、布団にくるまってゴロゴロするのも一層心地よく感じられる今日この頃。「春眠暁を覚えず」とはよく言ったものです。

先日、気になる記事を発見しました。

平日の睡眠時間が6時間以下だと、週末に寝だめをしても認知能力を回復できないことが明らかに

だそうです!(参考:http://gigazine.net/news/20110615_weekend_lie_in/

忙しいビジネスパーソンの皆さんの中には、寝るのは日付が変わってから、なんて人も少なくないのではないでしょうか。溜まった疲れは週末に一気に解消!という生活スタイルを常態化している、なんて話しも私の周りでもチラホラお聞きします。

なのに、このショッキングな事実!週末に長く眠っても、平日の睡眠不足による悪影響を補うことはできないということが、米国での研究によって明らかになったとのこと。睡眠時間が6時間以下に制限されてしまうと認知能力が低下していき、週末に「寝だめ」をしても回復することはほとんどないとのこと!

仕事で成果を上げるために睡眠時間を削って頑張っているのに、週末の寝だめでは認知能力の低下が回復しないとなると、仕事の生産性は下がる・・・なんてこった!やっぱりコツコツ平日にも寝る時間を確保しなきゃダメってことなんですね。

かく言う私は、と言うと、いつもみんなに「マジで?!」って驚かれてしまいますが、平均就寝時刻は22時。えぇ、ぶっちゃけ21時台に布団に入っていることも稀じゃないです。今時の中学生だってもっと遅いんじゃないの?っていう就寝なのでちょっと恥ずかしいんですが…。

こんなに早く寝られているのには理由が二つあって、①子どもの生活時間に合わせて20時頃に一緒にお風呂に入らざるを得ない→湯冷めするのが嫌なので早く布団に入ろうとする。 ②基本的にテレビを見ない。からなんです。特に②は、見始めるとついついダラダラ見てしまって、その時は楽しいけど、後から思うと何も残ってない…あー、早く寝ればよかったと思うことがしばしば、ということで、いつの間にかすっかり見ない生活に。もちろん、たまにはくだらないバカ笑いするのも、ニュースでいろんな情報に触れるのも大事なんですけどね。

朝は、5時半くらいに起きているので、7時間半以上は睡眠時間を確保している計算。仕事の生産性云々はよくわかりませんが、たっぷり寝る→寝覚めがいい(超低血圧だけど)→起き抜けからサクサク活動開始できる→朝の準備が捗る→1日気分がいい、という好循環が得られているような気がします。

折しも春です。「春眠暁を覚えず」を言い訳にして、平日にたっぷり眠るのもいいかもしれませんよー。

Witten by

舞田美和

舞田美和

アラフォーに突入し、体のあちこちにエイジングサインを発見してしまう今日この頃。イキイキ素敵に歳を重ねて、チャーミングなおばあちゃんになるのが密かな夢です。美味しいものに目がない”食いしん坊キャラ”と”すっきりしなやかな身体”は果たして共存できるのか?実験中です!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・