記事を読む

おでこって盲点でした・・・

投稿日:
2014.09.05
| カテゴリー:
すっきり部
| 投稿者:
舞田美和

19b187f9bc153caea95a4674f3b79fb27_m

おでこって、生まれた時からずっと(当たり前ですね)、顔の上3分の1くらい占めているにもかかわらず、その存在を、私、ちゃんと意識したことがありませんでした。

先日、パソコン画面ばっかり見続けていてあまりに疲れたので、こめかみを人差し指、中指、薬指の3本の指腹でぐりぐりとマッサージしていたところ、その指先が、たまたまおでこ方面に…。むむ???なんだ?この気持ち良い感覚は?!

→わぁ、すごい爽快感!おでこ、気持ちぃーーー!!と発見したわけです。こんなところに未開の地があったなんて…盲点でした。

 

知ってましたか?おでこって、実は意外に顔の中で一番凝りやすく、疲労が蓄積する場所なんだそうです。あなたのおでこも放ったらかしになっていませんか?おでこが凝っていると、まずたるみが起こり(つまり、皺ですよね…)、さらにそのたるみが目の上にのしかかり、まぶたが重くなって目が小さくなってしまうんだって!なぬ???聞き捨てならんっ。

さらに、おでこやこめかみにリンパや血液が滞っていると、顔色がくすむことにもなるらしい。確かに、ちょっと触っただけで、この爽快感。何やら滞っているだろうことは想像に難くないですね。マッサージのコツは、縦の動きを意識すること。3本指の腹で上の方に引っ張り気味にしてみるだけでも気持ちいいですし、親指の付け根の柔らかいところで円を描くのもいいみたい。あ、もちろん、強くこすらず優しくやさしく。ついでに、おでこからつながっている頭もツボ押ししたりなんかすると、気持ち良さ倍増です。

おでこマッサージの効用としては、女性の大敵=皺の改善、目の疲れ解消、目のむくみ解消、と嬉しいことずくめ。今日から、仕事の合間のリフレッシュに、おでこケアするぞ!と心に決めたのでした。

Witten by

舞田美和

舞田美和

アラフォーに突入し、体のあちこちにエイジングサインを発見してしまう今日この頃。イキイキ素敵に歳を重ねて、チャーミングなおばあちゃんになるのが密かな夢です。美味しいものに目がない”食いしん坊キャラ”と”すっきりしなやかな身体”は果たして共存できるのか?実験中です!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・