記事を読む

【食Trainer’sブログ】食トレ(8)冷えないカラダをつくる!

投稿日:
2012.11.30
| カテゴリー:
ランニング部専門家
| 投稿者:
小島 美和子
Vancouver Sun Run 2006 引き続き、ランナー的「食トレ」です!「食トレ」とは、不調後の事後対応ではなく、不調にならないように、コンディションを維持できるように食事を整えること。 「冷え」が気になる季節になってきましたね。 そこで今回は、「冷えないカラダをつくる!」です。 ランナーにとって「冷え」は大敵です。 からだが冷えると免疫力が低下するので、かぜをひいたり、アレルギー反応が出やすくなったりとコンディションを大きく乱すきっかけ、要因となります。 更に、血液内の糖質や脂質をエネルギーとして燃焼しにくくなるので、持久力にも影響を及ぼします。 ということで対策です。

朝食を抜かない!

朝食には、朝の体温を上昇させて、心身を目覚めさせる働きがあります。 朝食を抜くと、代謝が上がらないまま1日をスタートすることになります。 朝は、温かい飲み物やスープで、からだの芯から温めましょう。

食べすぎ、飲みすぎに注意

食べすぎると、それを消化するために、血液が胃腸に集まり、熱を発生する筋肉や肝臓へ流れる血液が減り、そこでの活動が低下するため体温が低下します。 食事は常に腹八分目を意識して、お菓子やアルコールのとり過ぎには注意!

からだを温める食品をとる

生姜や唐辛子、にんにくやこしょうなど、薬味野菜や香辛料には、からだを温める働きがあります。普段の料理で意識的に使うようにしましょう。 また東洋医学では、「からだを冷やす食品」と「からだを温める食品」という概念があります。 これも参考にするとよいでしょう。 例)
  • コーヒー、緑茶⇒紅茶
  • 白砂糖⇒黒砂糖
  • 洋菓子⇒和菓子
  • 葉野菜⇒根菜、海藻
  • 大豆⇒黒豆、小豆
  • バナナ、みかん、レモン⇒りんご、プルーンなど
  • 脂身の肉⇒赤身の肉、魚、魚介

温食で食べる

冷たい水や生野菜サラダなど、冷やした食べ物は控えましょう。 水も常温以上で、野菜も加熱調理して食べるようにしましょう。 食事以外でも、シャワーで済ませずに、ゆったり入浴すること。 からだが冷えないように服装に注意すること。 特にランニング後は、からだが冷えやすいので注意して下さい。 「冷え」やすい人も、「冷え」を感じない人も、しっかり意識して、ベストコンディションを維持できるようになりましょう!
photo by: Kris Krug

Witten by

小島 美和子

小島 美和子

管理栄養士・産業栄養指導者・健康運動指導士・ヘルスケアトレーナー/健康・食生活に特化した企画・開発事業、食教育サービス事業を展開する(有)クオリティライフサービス代表取締役。
保健指導専門職へのアドバイスや各種講師、テレビ・ラジオへの出演、各種種雑誌等での監修、執筆など多数。 走る人の食生活情報を発信する「RUN!×食NET.」主宰。「きちんと動く」「しっかり食べる」のランニング×コンディショニングと、自らマラソン 大会への参加等を通じ、モットーである「健康を表現する管理栄養士」を体現中!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・