記事を読む

季節の変わり目メニューで、疲れ知らずの秋を楽しもう!

投稿日:
2015.09.10
| カテゴリー:
料理部
| 投稿者:
舞田美和

急に秋めいてきましたね。

夏の疲れがどっと出てくる時期かと思いますが、皆さんいかがでしょうか?

こんな時こそ、食べ物の力をかりて元気をチャージしたいところですね。ということで、先日、夏野菜と秋野菜のコラボによる「たっぷり野菜の揚げ浸し」を作りました。

attachment00■作り方

作り方はいたって簡単。

好きな野菜を素揚げして、温かいうちにだし汁(水、醤油、酒、みりんを煮立たせたところに、多めの鰹節を投入!ひと煮立ちさせたら火を止め、鰹節を濾して完成)に浸しておくだけ。

疲れて食欲のないときでも、ついつい食べ過ぎちゃうくらい、どの野菜も美味しくなるから不思議です。しかも、油で揚げた野菜たちは、みんな彩りが鮮やかになって、ますます美味しそうに見えますね♪

かぼちゃは、カロチンが豊富で、ビタミンB1、B2、Cも多く含むことはご存知の方も多いかなと思いますが、カルシウムや鉄分などのバランスもいいそうですよ。カロチンとビタミンCは、風邪の予防には最適!

▼これからの季節、どんどん美味しくなるサツマイモは、かぼちゃ同様にカロチン、ビタミンB1、Cが豊富なことに加え、食物繊維がたっぷりなのも魅力ですね。

▼そして秋と言えば、きのこ類。サツマイモ同様に食物繊維が豊富です。食物繊維は、食物と絡み合いゆっくりと消化されていくために血糖値の上昇を抑えながら、有害物質や糖質、コレステロールなどを便とともに排出するんだとか。糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれるため、食物繊維がダイエットに向いていると言われるわけですね。

▼夏野菜の代表格のなすは、身体を冷やす作用があると言われているので、涼しくなるこれからの季節は控えめでもいいかもしれません。もしくは、カラダを温める作用のあるショウガを添えて食べるというのもオススメ。

「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざがありますが、これは、美味しいナスを嫁には食べさせるなという意地悪な姑の話ではなく(笑)、身体が冷えて妊娠しづらくなっちゃうから、大事なお嫁さんには食べさせないで、という心遣いを込めたことわざだと知ったのは、何を隠そうオトナになってからでした。。。

こうした昔の人の知恵も参考にしながら、食材選びをするのも楽しいですね。

Witten by

舞田美和

舞田美和

アラフォーに突入し、体のあちこちにエイジングサインを発見してしまう今日この頃。イキイキ素敵に歳を重ねて、チャーミングなおばあちゃんになるのが密かな夢です。美味しいものに目がない”食いしん坊キャラ”と”すっきりしなやかな身体”は果たして共存できるのか?実験中です!

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・