• TOP
  • >
  • 編集部
  • >
  • ピープル
  • >
  • 【これYATTEMA】自炊&お弁当(3ヶ月で10kgダイエット) by浅川知洋

記事を読む

【これYATTEMA】自炊&お弁当(3ヶ月で10kgダイエット) by浅川知洋

投稿日:
2012.05.21
| カテゴリー:
ピープル
| 投稿者:
Wellbena編集部
自炊&お弁当

自炊&お弁当セット

継続しているこころとからだのセルフコントロールは?

私は一人暮らしが長いのですが、去年の暮れからダイエットの一環として自炊をはじめ、ほぼ半年が経ちます。今まで不足していた野菜やお魚をたくさん摂るようにしています。

また、年が明けてからは、会社に弁当を持参するようになりました。
仕事ではランチタイムに社外の人と会食することも多いのですが、そうでない日は必ず毎朝、弁当を作って会社に行きます。この習慣は4か月以上続いています。

ランチを外食にすると、ごはんなどの主食に比べておかずが少なくなりがちです。特に温野菜などがたっぷりとあるような献立にしにくいからです。

今まで続けられている理由は?

自炊をはじめてしばらく経ったころ、タジン鍋を買ったのですが、これで野菜を調理するとほとんど味付けをしなくても美味しいと思えました。

初めてタジン鍋でブロッコリーの蒸しものを食べたとき、ほんとにその味が凝縮されたような感じが美味しくて、感激したことを覚えています。

今ではスーパーでお惣菜を買って食べようという気がしなくなりました。ちょっと一手間かければ、もっと健康で、かつ食べやすいごはんになるのですから。

ちなみに、そんなに凝った料理を作っているわけではなく、ほとんど素材のままの味がメインの料理です。これなら、忙しくなっても続けられます。そういうものをお弁当にも入れています。

結果、ダイエットをはじめて3か月で10Kg以上体重が減りました。(まあ、それまでが無茶な生活で太ってしまっていたこともありますが…)
今では、食事のことに加え、運動にも取り組みはじめていますが、この時期のダイエットは純粋に食生活の改善によるものです。

実践を継続するコツは?

タジン鍋という「道具」を買ったことが大きかったと思います。今ではスチームケースも併用していますが、自分が使いこなせる道具を得ていなかったら、ここまでうまくいったかどうか分かりません。

また、ダイエットへの取り組みを「活動」と位置付けてすすめたこともよかったと思います。「プロジェクト」という言い方をしてもよいかもしれません。

ダイエットをはじめて半月後に、職場の仲間3人と一緒にTREEダイナミクスプログラムという健康づくり活動に3か月取り組んだのですが、この間は特に成果を上げようという意識が強く働いていたと思います。

実践を通じて得たことは?

一言でいえば、(大げさかもしれませんが)変化を起こし、その変化を周囲に認めてもらうことができたと思います。変化というのは、ひとつには「弁当持参」という習慣をはじめたこと。もうひとつは「やせた」という結果を出したことです。

今までの習慣を変えることの難しさは、それが(自分のなかで)惰性になってしまっているという理由もあるのですが、(周囲との関係のなかで)変えるのが気恥ずかしかったりするためでもあります。

私は弁当持参という習慣を年が明けてすぐはじめたのですが、「なんで、弁当?」「どうしたん?」と何度か聞かれました。「いやあ、今年からね…」という説明をしていたのですが、そういった冷やかし気味の声も最初は正直嫌でした。(私たちの健康づくり活動のことを知らない社員も多かったのです。)

ただ、10Kg減という結果を出しましたので、一緒に健康づくり活動に取り組んだ仲間からは結構ほめてもらいました。仲間は私よりも年下の若手社員なのですが、ストレートに「すごいですね!」と言ってくれ、とても嬉しく思いました。

読者に伝えたいこと

私はいまちょうど40歳です。(唐突な話かもしれませんが)今年は「自立」ということをテーマに掲げています。

私が考える「自立」というのはやさしく言えば、自分がよいと思うこと、やりたいことを決めて、それが出来るようになるということです。そして、そのためには「変化する」ことを厭わない気持ちが大事ですし、「新しい習慣」をつくるためのセルフコントロール力が必要になります。

セルフコントロールというのは日本語で言えば「自律」という言葉が近いのではないかと思うのですが、「自律」は「自立」へのベースになるのではないかと考えています。

おかげさまで、ちょっと自信がついたような気がします。

532349_380574535309428_100000706558496_1240435_186030663_n (1)浅川知洋
ふだん、会社ではビジネスセミナーや研修の事務局業務に携わっています。以前は営業もしていたのですが、今は内勤業務ばかりなので、ややストレスがあるかもしれません。そんなこともあり、イキイキするにはどうしたらいいのかということについて、新たな方向性を模索中です。 ただいま、ちょうど40歳。将来に向けたキャリアや人生をあらためて考えてみる時期かと思っています。

Witten by

Wellbena編集部

Wellbena編集部

ウェルビネ編集部です。ココロもカラダもポジティブ&アクティブに、イキイキと仕事・生活を送る人々が世の中に増えるような情報発信を心がけていきます。

関連記事

関連講座