記事を読む

【Dr.’sブログ】摂取を続けて良いもの悪いもの by日比野佐和子

投稿日:
2012.07.24
| カテゴリー:
エイジマネジメント部専門家
| 投稿者:
日比野 佐和子
摂取を続けて良いもの悪いもの 日常の中で摂取し続けていいものと、ダメなものを分けるという意識を持ちましょう。 たとえば、缶詰。魚介類の缶詰はよくても、肉類の缶詰は摂りすぎには注意が必要です。なぜならば、魚介類の脂肪のほうが酸化しにくいからです。 オリーブオイルも酸化にしくい油です。 マーガリンなどに含まれる人工的に作られたトランス脂肪酸は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やします。 人工的につくられた人工甘味料も気をつけましょう。 発がん性の指摘や体調の不調などの報告があります。また人工甘味料を使った「0カロリー」の飲料を飲むと脂肪は蓄積されやすく、かえって肥満になったという報告もあります。 様々な健康に関する情報が氾濫し、また様々な食品にすでに使用されているものもありますので、何を摂取していいか、何を避けるべきかを明確に分けることは難しいのですが、皆さんが「何を食べているか」ということの意識を持つことで、良いものを選び取ることができるようになると思います。 過剰な反応をすることよりも、正しく健康や食についての知識を学ぶことで自然と身につくと考えています。    

Witten by

日比野 佐和子

日比野 佐和子

アンチエイジングドクター (抗加齢学専門医)/大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了
米国、中国、ヨーロッパでアンチエイジング医学を修得、米国およびヨーロッパの抗加齢医学専門医を持つ。内面と外面から「美と健康」をトータルマネジメントする専門家。

専門分野は欧米のアンチエイジング医学以外に、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、ホリスティック療法、植物療法(フィトセラピー)、クリニカルアロマセラピー、アフェレーシス療法と多岐にわたる。真摯でフランクなカウンセリングが、芸能人や有名スポーツ選手・セレブリティに人気。

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・