記事を読む

【Dr.’sブログ】体内毒素の75%は便により排泄されます by日比野佐和子

投稿日:
2012.05.23
| カテゴリー:
エイジマネジメント部専門家
| 投稿者:
日比野 佐和子

スープや野菜ジュースで時々リセットを

食事と運動を中心に健康になるという流れになってきています。
また何かに頼るのではなく、セルフコントロールで健康管理をするという状況になることを願っています。

現代社会では食事があまりも豊かになり、そして偏っています。

人間は雑食なので、いろんなものを食べます。
離乳期から食べてきたもので、その人の腸内細菌が決まってしまいます。
ですので、時代によって、腸内細菌は変化してきているのです。
体内の毒素の75%が便により排出されます。腸内環境を整えることは体調管理に大切です。

ところが腸内環境を整えようとビフィズス菌などの乳酸菌をとったからといって、離乳期から続いてきた食生活の影響で、そんなにすぐには変わりません。
毎日の食事で根気よく、良い腸内環境に変えていくことが必要です。

断食療法が流行っています。断食をしたからといって、こちらも腸内細菌がすぐにリセットできるものではありませんが、断食あけに「大根粥」を食べると、デトックス効果(解毒効果)でとてもすっきりするらしいです。
断食中は水分や野菜ジュースだけだったところに、大根粥を食べることで、一気に便が出やすくなるようです。
食べすぎが続いた時などは、たまに朝食と昼食を野菜ジュースやスープにして、夜に食事を取るというリセットで調整することも良いですね。

以下の記事のように、毒素を出して、からだをリセットすることは、意味がありますね。
【これYATTEMA】断食でリセット~宇宙の原則は「出す」方が先!

ただ、急に完全断食などを行うと、低血糖などに陥り身体を壊してしまうので、注意が必要です。専門家などに相談をして行いましょう。

Witten by

日比野 佐和子

日比野 佐和子

アンチエイジングドクター (抗加齢学専門医)/大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了
米国、中国、ヨーロッパでアンチエイジング医学を修得、米国およびヨーロッパの抗加齢医学専門医を持つ。内面と外面から「美と健康」をトータルマネジメントする専門家。

専門分野は欧米のアンチエイジング医学以外に、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、ホリスティック療法、植物療法(フィトセラピー)、クリニカルアロマセラピー、アフェレーシス療法と多岐にわたる。真摯でフランクなカウンセリングが、芸能人や有名スポーツ選手・セレブリティに人気。

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・