記事を読む

【Dr.’sブログ】老けて見えるのは体内の細胞が錆びているのです by日比野佐和子

投稿日:
2012.05.14
| カテゴリー:
エイジマネジメント部専門家
| 投稿者:
日比野 佐和子

Rust and tension © by duff_sf

見た目が若いと長生きする

同窓会などで、何十年ぶりかに再会したときに、とっても若く見える人と、とても同じ年には見えないぐらい老けている人がいます。
見た目が老けているのは、体内の細胞が錆びているからなのです。見た目が若いと長生きするという論文が2009年に出ています。
世界で一番長生きした人は、60歳ぐらいのころの写真が40歳ぐらいに見えたそうです。テロメアという染色体の末端部の構造を見ると、人によって老化の進行度がわかるといわれています。老化が進んだり、病気にかかるとテロメアが短くなるといわれているため、命のロウソクなどといわれたりしていますが、実は長くなったり短くなったりと変わる部分と変わらない部分があることがわかっています。 若返るには変化がある部分を長くすればいいのです。

細胞の錆びに要注意!

若返るには環境因子や食生活、そしてモチベーションが大事です。
一卵性双生児の場合、生まれてから育つまでのバックグラウンドは一緒なのに、一方がタバコを吸っていると、吸っているほうが老けて見えるという結果が出ています。
人間は年を重ねると新陳代謝の働きが弱くなり、新しい細胞を生み出す能力が衰えてきます。細胞を錆びさせるのが、活性酸素です。私たちが呼吸をして酸素を取り入れていますが、その3%が酸化力の強い活性酸素になります。これが細胞と結びつき、身体を酸化させ、細胞を酸化させます。細胞が錆びると身体に老廃物が溜まりやすくなり、老化がすすみます。見た目も体内も老化が進むのです。

食事、運動とポジティブなモチベーションを維持することで、老化を防止しましょう。

Witten by

日比野 佐和子

日比野 佐和子

アンチエイジングドクター (抗加齢学専門医)/大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了
米国、中国、ヨーロッパでアンチエイジング医学を修得、米国およびヨーロッパの抗加齢医学専門医を持つ。内面と外面から「美と健康」をトータルマネジメントする専門家。

専門分野は欧米のアンチエイジング医学以外に、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、ホリスティック療法、植物療法(フィトセラピー)、クリニカルアロマセラピー、アフェレーシス療法と多岐にわたる。真摯でフランクなカウンセリングが、芸能人や有名スポーツ選手・セレブリティに人気。

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・