記事を読む

【Dr.’sブログ】紫外線対策にはイチゴを食べるといい理由 by日比野佐和子

投稿日:
2012.05.10
| カテゴリー:
エイジマネジメント部専門家
| 投稿者:
日比野 佐和子

Strawberry © by Manchester-Monkey

過ごしやすい季節は、外で気持ちよく過ごしたい反面、紫外線による肌の老化(シミやシワなど)も気になりますね。

紫外線対策にはビタミンCが最適です。
抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果的。ビタミンCは体内でコラーゲンを生成するために必要な栄養素であり、肌を黒くするメラニン色素の形成を抑制する働きがあるんです。ただ、一般的にビタミンCは熱、光、酸に弱いと言われています。加熱調理をすると失われやすいんです。 ビタミンCは酸化防止剤によく使われますが、酸化すると効果がなくなります。

本来、ビタミンCは透明で、酸化すると黄色くなり、さらに参加が進行すると褐色になります。酸化するから抗酸化作用があるということなのですが、酸化する部分と、持続する部分を分子構造内に両方もっているものが理想的です。高濃度の安定したビタミンCを体内に持続させるサプリメントもあります。

普段の生活の中で、効率的に摂取するには、ビタミンCを含有する新鮮フルーツなどから、摂ると良いですね。イチゴやキウイ、アセロラジュースなどがおすすめです。食べる量が少なくても、ビタミンCの含有量が多いので、効率的です。
ビタミンCは一度にたくさん摂っても、排出されてしまうので、朝食やランチ、間食時に回数を分けて食べてくださいね!

Witten by

日比野 佐和子

日比野 佐和子

アンチエイジングドクター (抗加齢学専門医)/大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了
米国、中国、ヨーロッパでアンチエイジング医学を修得、米国およびヨーロッパの抗加齢医学専門医を持つ。内面と外面から「美と健康」をトータルマネジメントする専門家。

専門分野は欧米のアンチエイジング医学以外に、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、ホリスティック療法、植物療法(フィトセラピー)、クリニカルアロマセラピー、アフェレーシス療法と多岐にわたる。真摯でフランクなカウンセリングが、芸能人や有名スポーツ選手・セレブリティに人気。

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・