記事を読む

【これYATTEMA】糖化を防ぐ食生活 by種村美紀子

投稿日:
2012.05.14
| カテゴリー:
エイジマネジメント部
| 投稿者:
Wellbena編集部

糖化を防ぐ食生活

継続しているこころとからだのセルフコントロールは?

私は毎日の食事で糖化を防ぐ食生活を心がけています。糖化は、肌のくすみやたるみを招くだけではなく、病気を引き起こしたりもするそうです。
それを防止するために

  • 朝食…果物や野菜ジュースとヨーグルト
  • 昼食…炭水化物を中心
  • 夕食…温野菜と植物性たんぱく質中心

このように組み立てて食事を続けています。夜に糖質をとらないように、果物は朝たっぷりと。糖化を遅らせるために一日を通して食物繊維を多く含む野菜や穀物を、多くとるように考えています。

もう1つ、食事と合わせてウォーキングとサーキットトレーニングを実践しています。
始めたきっかけは、若い頃より体重が増え、頭痛、腰痛に悩まされるなど、体調をくずしがちだった事です。血行が悪いからか、肌のくすみも気になっていました。その頃通っていた整骨院の先生に体重を減らし全身運動をすることを勧められウォーキングを始めるようになりました。

今まで続けられている理由は?

このような生活にしてから、腸の働きがよくなり、野菜や水分を多くとり夕食を軽くすることで体のリズムができて、風邪をひきにくくなりました。合わせてウォーキングの効果もあり、体重も落ち、頭痛や腰痛が減りました。
そして何より嬉しかったのは、周りの人から「綺麗になったね」「若く見えるね」と言われることが次への励みになりました。

実践を継続するコツは?

私は昔から美味しいもを食べ歩いたり、甘いもの、お酒も大好きです。これを全て我慢すると続かないので、外食をしたり甘いものを食べた次の日は、糖質や脂質を控えめにするなど全体の栄養を一週間単位で考え、調整して実行することで続けられるよう心がけます。
家族や友達と楽しく食べる事も栄養のうち。それをご褒美と思って、ウォーキングやサーキットトレーニングを増やすことは全く苦になりません。汗をかくことで体がしまる実感は何よりもやる気につながります。

実践を通じて得たことは?

  • 代謝がよくなり、体重が変動しなくなった
  • 腰痛がなくなり頭痛も減った
  • 肌の調子がよくなった

体が軽くなったからか、アクティブに活動できるようになった気がします。

読者に伝えたいこと

綺麗というのは、外側のことだけではなく、心も体も健康であることだと思います。特別なサプリを飲んだり、カロリーだけを控えることよりも、旬の野菜や果物は沢山食べる事で栄養素の吸収を助け、毒素の排出効果を得ることができ、また同時に運動を続ける事で、心身共に健康になれると思います。

tanemurasan種村美紀子
栄養学の勉強をしてきました。

Witten by

Wellbena編集部

Wellbena編集部

ウェルビネ編集部です。ココロもカラダもポジティブ&アクティブに、イキイキと仕事・生活を送る人々が世の中に増えるような情報発信を心がけていきます。

関連記事

関連講座

ピックアップブロガー

    • 日比野 佐和子

      日比野 佐和子

      アンチエイジングドクター (抗加齢・・・
    • 小島 美和子

      小島 美和子

      管理栄養士・産業栄養指導者・健康運・・・
    • aloha37

      aloha37

      海とスポーツ観戦とお昼間のアルコー・・・
    • 林皇毅

      林皇毅

      ライブラ香りの学校校長。日本にアロ・・・
    • 木下美守

      木下美守

      日本成人病予防協会認定講師
      栄養・・・